2006年11月11日

紅葉真っ只中。

鯉ヶ窪湿原は紅葉の一番いい季節になりました。

と言うことで、

今日の鯉ヶ窪湿原の状況を・・・。

koigakubo11gatsu1.jpg

湿原内の展望台からの風景です。

鯉ヶ窪湿原の紅葉は、

緑も赤も黄色も混在します。

植林したものはここにはないのですが、

常緑樹も多いものですから、

真黄色とか真っ赤と言うことにはならないのですが・・・。

koigakubo11gatsu2.jpg

池面を望むとこんな感じ。

観光客がいないので、

池にいる鯉たちもやる気がなさそう(笑

koigakubo11gatsu3.jpg

手前のミニ湿原の状況です。

ここが鯉ヶ窪湿原への第一歩の場所で、

一歩はいると秋が迫ってきます。

さてさて、紅葉が終ると共に、

鯉ヶ窪湿原の観光の一年は終わり、

冬を待つばかりである。
posted by ている at 22:12| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

10月末の。

鯉ヶ窪湿原。

この時期になるとさすがに植物はあまり咲いていない。

見どころは何?

と言われれば、

これから迎える紅葉と言ったところだろうか?

goemonnasobu4.jpg

今咲いている植物もこれだけ。

で次に、

kouyounohajimari5.jpg

入口からのミニ湿原の状況。

実は日曜日に中学生が掃除をしたらしい。

ずいぶん湿原内はきれいになっていました。

池の状況。

kouyounohajimari2.jpg

ほんのり紅葉と言ったところ。

kouyounohajimari1.jpg

コントラストがなんだかまぶしくも。

夕方だからね。



まだまだ、暑い日が続くので、

紅葉も遅れ気味だろう。

本格的な紅葉にはあと少し時間がかかりそうである。

posted by ている at 23:38| 岡山 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

9月の鯉ヶ窪湿原。

雨が続きますね〜。

急に寒くなったので、

体調がついていきません(涙
 
歳なのか??



と言うことで、

雨が続く最近の鯉ヶ窪に。

koigakuboimanohana.jpg

日曜日に咲いていた花です。

こんなに多いのは今年ももう終わりです。

今は日本ではこの辺りにしか見られないとされる花も咲いていますよ〜。

ではまず。

koigakubobiccyuufuuro.jpg

ビッチュウフウロです。

この辺りで発見されてのでその名にビッチュウが。

いっぱい咲いていす。

よく見るとというか、

ここの湿原の花は可憐なものが多いですね〜。

koigakubosagisou.jpg

サギソウもまだ辛うじて2つ咲いていました。

相変わらずきれいで、かわいい花ですね〜。

本物の白鷺は、田んぼで悪いことをしていますが・・・。

これがね、田んぼの稲刈りが完全に終ると、

今度はやっかいなことに、

池の鯉や金魚を狙うようになるんですよ。

わが家の金魚も、

去年の今頃までは160匹くらいはいたのに、

今は20匹程度に(涙

話がそれた〜。

koigakuboshirahigesou2.jpg

最後に、シラヒゲソウです。

結構、かわいい花です。

カメラの腕前が悪いため、

ピントが合ってませんが・・・・。




まぁ、これからはだんだんと花の数も少なくなりますが、

次は紅葉に向けてです。

葉っぱはだいぶ落ち始めましたね〜。

・・・・。

ただの風のせいかなぁ〜?

だいぶ寒くなってきていますので、

来られる際は、一枚多めの羽織るものを持って来ることをお薦めしますね。



そうそう、雨上がりだと、

足元非常に”家出のスリッピー”(笑

とにかく、滑りやすいので滑りにくい靴を。
posted by ている at 23:26| 岡山 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

8月の鯉ヶ窪湿原

まもなく盆休みになるので、

盆休みに鯉ヶ窪湿原に来られる方もあるだろう。

何たって、今の時期観光に来るには

一年でも植物の多いよい時期になってますから・・・。

と言うことで、

昨日、ちょっくら寄ってみた鯉ヶ窪湿原の、

今一番旬な植物を・・・。




取りあえず、昨日の時点で咲いている植物はこれです。

8gatsunokannbann.jpg

中でも、やっぱりオグラセンノウとサギソウは必見です。

しかも、今なら遊歩道からすぐ近くで見れます。

このチャンスをお見逃しなく。

と言うことで、とりあえず、

オグラセンノウ。

ogurasennnou100.jpg

そして、サギソウ。

sagisou200.jpg

余計な説明はしません。

とにかく、近くで見れますよ〜。

今はまだ咲いていませんが、

来週になればひょっとしたら、ビッチュウフウロも咲くかも・・・・。

来られる際は、日除けの準備と、

虫に弱い方は虫除け、虫さされの用意と、

来られた際は、マムシに十分注意して、

楽しい一日を過ごしてくださいね〜。
posted by ている at 23:02| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

7月。

鯉ヶ窪湿原に夏が来ています。

7月から9月にかけては花がいっぱい見どころいっぱい。

観光シーズン最盛期です。

と言うことで、

今咲いている花は・・・。

7gatsunohana.jpg

なんと言ってもオグラセンノウでしょうね〜。

まぁ〜とにかくいつものごとく、まわりましょう。

とすぐ横の草むらを見てみると・・・・。

kaninoodemukae.jpg

沢ガニがお出迎え・・・。

久しぶりに見るなぁ〜。

何だか、夏休みの気分。




あちこちで、花が一面咲いています。

特にピンク色のシモツケソウと、

紫のノハナショウブと、

黄色のハンカイソウがきれいです。

hannkaisou.jpg

↑ハンカイソウ。

さて、一番注目のオグラセンノウは?

ogurasennnou.jpg

・・・・・。

遠くの鮮やかな赤い色の花がそうなんですが・・・・。

去年は目の前で咲いてくれていた花も、

今のところこんな遠くで・・・・。

望遠レンズが・・・・・。

・・・・。

高くて買えない(涙

・・・・・。


撮影するには腕とレンズが必要の様です・・・・。

ともあれ、夏の鯉ヶ窪湿原。

マムシと蚊には十分注意して歩きましょう・・・・。





posted by ている at 23:29| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

6月の鯉ヶ窪。

と言うことで、昨日の続き。

当然、去年も同じ場所を同じように紹介してきたのだが、

同じように季節は巡る。

と言うことで、

まずはミニ湿原。

minishitsugenn1.jpg

足を踏み入れると・・・。

minishitsugenn2shiokara.jpg

シオカラトンボがお出迎え。

実は、このミニ湿原、

ど真ん中を歩けるようになっている。

あまり歩く人がいないので、

入ったらいけないと思われているのだろうか?

入ってもいいように、

ちゃんと踏み石が置いてあるので、

気にしないで下さいね。

minishitsugenn3.jpg

実はこの中で夏にはハッチョウトンボが見られたりするので、

お見逃しなく(笑

と言うことで・・・。

恒例の、今咲いている植物から。

imanosyokubutsu.JPG

今咲いているのは、

トキソウとヒツジクサ。

と言うことになるが・・・・。

私が日曜日に歩いたところ、

その他にも、

いくらか咲いていましたよ・・・。

例えば、

hannkaisou.JPG

ハンカイソウ。

例えば、

agisumire.jpg

アギスミレ。

これらは咲いていましたよ〜。

では、

看板にあるトキソウを。

tokisou.jpg

そして、ヒツジクサ。

hitsujikusa.jpg

トキソウはやっぱり、鳥の形だね〜。




さて、一つ気がついたことが・・・・。

以前、ブログで紹介した、

水上に浮いている足場みたいなもの・・・。

前回、前々回と橋と紹介したが、

こんな看板が・・・。

kannbannga.jpg

・・・・・。

橋じゃなかったのね〜。

・・・・・。

失礼いたしました(汗・・・・。



ともかく、

鯉ヶ窪湿原は7月8月が一番いい季節と私は思っています。

ゆっくりと時間を過ごしたいと思われる方、

ぜひ一度、マイナスイオンいっぱいの、

遊歩道を歩いて一周してみては如何??



posted by ている at 00:03| 岡山 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

それは栗畑からはじまる。

kurihatakenofuukei.JPG

わが家の栗畑。

実はここから、鯉ヶ窪湿原への遊歩道がはじまっている。

鯉ヶ窪湿原まで、1.2Km。

ちょっとした散歩道である。

kokogasuta-to.JPG

ここが始まりである。

ここはちょっとした休憩所のようなところで、

以前にも何度かしょうかいしているのだが、

konnnnatokoya.JPG

こんな所や、

konnnatokoromo.JPG

こんな所もある。

春は桜が咲き。

もう少し後には紫陽花が咲き。

今の時期は夜中に蛍が飛び交うところ・・・。

蛍は知る人ゾ知る穴場スポットなのである。

それでは、今日は鯉ヶ窪までの道を歩いてみよう。

saisyohakonnnakannji.jpg

最初はこんな感じ。

すぐに・・・。

sugukonnnakannji.JPG

こんな感じ。

shibaraku.JPG

しばらくこんな感じが続くが、

結構登っている。

両脇は緑であるが、

植林した木も多く、

静かである。

しかし、春先にはタラの芽がいっぱい両脇に・・・・。

今はこんなものが・・・。

yamaboushi1.jpg

わんこさんブログで以前話題に上がっていた、

やまぼうし。

手のひらで写すと、

yamaboushi2.JPG

こんな感じ。

実はハナミズキと同類で、

ハナミズキと同じく街路樹などにも植えられている。

時期はハナミズキが一ヶ月ほど早い。

結構、街中でも見かける木である。

私など、やまぼうしと言われると、

堀内孝雄を思い浮かべてしまう・・・・。

・・・・・。



さて、800Mほど進むと今度は景色が一変する。

道が突然狭くなるのだ・・・。

しかも、すごいのである。

dokogamichidesuka.JPG

どこが道かわからん(笑

しかも、結構急な道だったり・・・。

でも、

ogawanoseseragi.JPG

小川のせせらぎ・・・。

ホッとする。

しかし・・・・。

ashimotonukarumu.JPG

足元最悪。

そして・・・。

ogawamowataru.jpg

小川もわたる

kyuunakaidannmoaru.jpg

急な階段も上がる・・・。

結構急です・・・。

しばらくすると見えてきます。

koigakubono iriguchimieru.jpg

・・・・。

歩くと結構疲れるね〜。

では、今日はここまで、

明日につづきます。












posted by ている at 23:48| 岡山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

リュウキンカ。

日曜日に鯉ヶ窪湿原に・・・・。

今年も咲いています。

リュウキンカ。

一面黄色い絨毯の状態です。

ryuukinnka1.JPG

こんな花。

ryuukinnka2.JPG

実は鯉ヶ窪湿原の季節ははじまったばかり、

今咲いている花は・・・。

koigakubokannbannsaisyo5.JPG

この2つだけ。

これから続々と咲いていきますので、

期待しておいで下さい。



ところで、

前回(4月)にきたときに、

紹介した、水上に架かる橋のこと。

見事に・・・・・。

yuushhitessenn.JPG

有刺鉄線がι(+_+)y

田んぼに水を引きはじめたのに、

梅雨のような天気のおかげか?

いまだに水没状態・・・・。

そのうちね、きっと渡れるはず。


posted by ている at 21:24| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

桜情報。

鯉ヶ窪の桜情報です。

今日夕方現在。

鯉ヶ窪湿原まであと600メートル地点から400メートル地点まで

桜が満開状態です。

鯉ヶ窪入口駐車場の桜は8分咲き状態です。

週末鯉ヶ窪湿原に来られる方は、

まだまだ朝晩、そして日中日影では寒いですから、

もう一枚着るものを持ってお越し下さいまし。
posted by ている at 21:20| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

鯉ヶ窪の桜情報。

昨日記事にした。

鯉ヶ窪湿原の入口にある桜。

今日の夕方行ってみると咲き始めていました。

本日ここに開花宣言を勝手に私がしちゃいます(笑

尚、見頃は来週の火曜日頃だと思います・・・・。

ただし、実はわが家の栗畑から鯉ヶ窪湿原にかけて、

道路に沿ってずぅ〜〜と桜が植えられていて、

鯉ヶ窪第二駐車場と呼ばれる真ん中ぐらいの所まで、

桜は満開状態です。




また、栗畑までの道に至っては、

梅も桜もあちらこちらで満開になっていて、

どちらの花も見られますので、

道中、ゆっくりとおいで下さいませ。



posted by ている at 21:37| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(1) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

新しく。

今朝は寒かった。

何と朝起きると氷が張っていたりして。

4月も半ばを過ぎても、いまだに氷点下って・・・・。



ているのぼやき。実は始めて1年を既に過ぎて、

2年目に突入しているのだが、

その中でも去年年間を通じて、

鯉ヶ窪湿原を紹介してきた。

鯉ヶ窪湿原、私の住む町で唯一の紹介するに足りる観光地であるからだ。

もっとも、この鯉ヶ窪湿原を紹介することがなければ、

ちゃぁみぃぃ聖子さんとも知り合うこともなかっただろうし、

ネタがないときに(こらこら)悩みが減ったことだろう。

もちろん、私の住む家の横の川はこの池から流れる水であるし、

わが家の田んぼの一つはこの池の水を引いている。

言わば母なる池なのである。

その上、うちの栗畑の鶏達はこの池の水が流れて来たところに住んでいて、

この池の恩恵をこうむっている訳である。




その鯉ヶ窪湿原に観光シーズン前の昨日行ってみた。

標高550mの湿原。

iriguchisakura.JPG

入口の桜はまだ咲いていません。

iriguchiminishitsugenn.JPG

そしてミニ湿原はまだ、こんな感じ。

koigakubono ikenomennnojyoukyou.JPG

鯉ヶ窪湿原の水面はこんな感じで。

shitsugennnojyoukyou.JPG

湿原は枯れ草状況でありますが、

草は刈られています。

そして、今年からの・・・。

今年からの目玉。

suijyouhashi.JPG

水上橋。

・・・・。

まだ満水のなので、

途中水没してますが・・・(汗

観光シーズンになればきっと、きっと渡れる筈。

その橋を渡ると・・・。

konnnnao1.JPG

こんなのや、

konnnano2.JPG

こんなものが・・・・・。

今年の鯉ヶ窪湿原はひと味違う・・・・・

・・・・・ハズ。

posted by ている at 23:16| 岡山 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

12月の鯉ヶ窪湿原。

私の住む哲西といふところ。

実は雪はあまり降らないところである。

でも、気温が低い。

非常に低い。

おかげで毎朝道路がスリッピー・・・。

国道182号線を通られる方は、

道路状況を確認の上、必ず冬用タイヤ及びチェーンで走行お願いします。

また、道路が雪がないと思っても、実際は凍っていますので、

いつもよりも、一つギアを下げてエンジンブレーキを掛けながら走行お願いします。




さて、そんなに寒い毎日の鯉ヶ窪、

日曜日に行ってきました。

こんな雪に???

と思われるかも知れませんが、

私以上の強者が・・・・。

ashiato.JPG

先客有りしかも私よりも2まわりくらい大きい足跡・・・。

元気だなぁ〜この雪で・・・。

そう、雪の上を歩くのは非常に疲れる。

一周2.3qの距離も倍ぐらいに感じるはず・・・。

本当にまわるの??




さて、いつも鯉が泳いでいる湖面は・・・・。

ikemennn.JPG

氷が張って、野鳥が氷の上を走ってた・・・。

いつもの周遊道も・・・。

syuuyuumichi.JPG

ご覧の通り・・・・。

何処が道かわかりません(涙

足跡が一つあるので、負けずに歩きますか・・・。

すると、人間とは違う足跡が・・・。

kemono.JPG

明らかに大きな獣の足跡が・・・。

恐怖を感じるている・・・。

すると・・・。

arasareteiru.JPG

何者かに荒らされている・・・。

ますます恐怖を感じるている・・・。

そして!!

kimotaoreru.JPG

き、木まで・・・・。

倒したのか??

倒したのか??




ともかく、先を急ごう・・・。

しばらく歩いていると、ふと不思議な事が・・・。

それは真ん中ぐらいまで歩いた頃。

ふと足元を見ると・・・。

新たに違う今度は人間の足跡が・・・。

今度の足跡は、逆回りについている。

つまり、向こうからこちらに向けての足跡であるが、

今まで歩いてきて一つも足跡が無いタイプの足跡だ・・・。

大きさからいくと女性の足跡っぽい・・・。

しかも・・・・。

途中で足跡が消える・・・。

背筋がゾッ!!

一体何だったのだ??

何だったのだ!!

・・・・。



そのようないろんな事があったわけだが、

普段の2倍の時間をかけてやっとの事一周が終り。

非常に疲れた・・・。

最後に展望台に上がり一枚写真を。

tennboudai.JPG



*注)本当は木は雪で倒れたもので、足跡はイノシシと思われます(笑

posted by ている at 23:44| 岡山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

11月の鯉ヶ窪湿原

さすがにこれだけ寒くなると、

咲いている花はございませぬ。

紅葉が一番見どころの鯉ヶ窪です。

どうぞ、ご覧ください。

minishitsugenn.JPG

tennboudaiyori.JPG

tsutsuminodotekara.JPG

tocyuunojyoukei.JPG

tocyuu.JPG

2goubashi.JPG

minishitsugenn2.JPG

最初のミニ湿原からはじまり、

展望台から、

順路通りの情景から、

最後にまたミニ湿原を眺めました。

花はなくても、

観光客は結構来ていました。

紅葉を見るには一番いい時期でしょう。

秋をというか、冬が近づいているのを、

感じることができます。



いよいよ鯉ヶ窪湿原の季節の終わりを感じる秋の情景でした。

posted by ている at 23:31| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

10月の鯉ヶ窪湿原

10月も半ばになり、

鯉ヶ窪湿原もすっかり秋ですが、

この時期になると湿原に咲く花も少なくなり・・・。

観光客も少し少ないようです。



まず、いつもの案内板から

annnaibann.JPG

咲いている花は少ないですが、

今日も、一周してみましょう。

今日は、逆からまわってみます。

違う発見があるかも・・・。

まず、展望台に上がってみます。

tennboudai.JPG

全体が見れればいいのですが・・・。

そんなに高いところはまわりにございません。

しかし小さい頃は、この様な展望台はなく、

足元の崖を上がったり下りたりして遊んでいました。

今は転落防止の柵が・・・。



さて、まわります。

ミコシギクとヤマラッキョウはあちこちで見かけることができました。

mikoshigiku.JPG

yamarakkyou.JPG

写真は手前のミニ湿原のものですが・・・。



さて、一周の間に感じたことは

komorebi.JPG

木漏れ日がいい感じだなぁ〜。

という感じです。

先月、先々月と比べて、すごく静かで、

いろいろ考えながら歩くにはいい気持ちです。



これからは紅葉の季節ですね。

ただ、日影は寒いので、一枚羽織るものを持ってお出かけ下さい。

posted by ている at 22:55| 岡山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

9月の鯉ヶ窪

さて、5月から毎月一回は紹介している鯉ヶ窪湿原。

今日も9月として紹介します。

まずは、いつもの掲示板。

DSC00039.JPG

7月,8月に比べると、少なくなった。

今回は朝9時過ぎにやって来たのだが、

来たときは誰もいなかったが、

帰るときは車が5台も止まっていた。

秋の行楽シーズンだなぁ〜。



さて、一周しますか・・・。

相変わらず、鯉が元気にエサを欲しがっている(怖

いつもの緑のトンネル

michi.JPG

静かである。

ここは、春には春の音と匂い。

夏には夏の音と匂い、

秋には秋の音と匂いを漂わす。

今回は本当に秋の始まりを感じさせる。

一番そう感じるのは、床に落ちたどんぐり達。

去年は日本のあちこちで、台風のおかげか?

どんぐりが不作で、野の物が人間の生活圏まで

現れて、騒動になった。今年は大丈夫だろうか?

どんぐりは、野生動物の大事な食料である。

これを今のうちに蓄えれば、

おいしい肉となるんだろうな〜。<イノシシ。

と思ってしまう・・・・。



さて、今回一番きれいに咲いていたのは、

前回にも紹介したビッチュウフウロ

fuuroippai.JPG

たくさん咲いていました。

アップの写真は前回出してあるので今回は出さずに、

次にいきます。

入口の看板になかった物が・・。

たぶん?キセルアザミと思われる物に虫が止まっていた。

kiseruazami.JPG

アザミというと、上戸彩を思い浮かべてしまう・・・。

それは、”あずみ”




さて、しばらく行くと、

こんなものが・・・。

kaeru.JPG

大きさからいくと

モリアオガエルだろうか?

全然逃げないので、

近寄って撮ってみる。

kaeru3.JPG

大きいでしょ。

えっ、手にできている、

血豆の方が気になるって?

それは言わないで(笑

いつも、ひよこに突かれてます(痛



そして、次にキレイに咲いていたのは。

sawagikyiou1.jpg

いっぱい咲いてます。

アップにすると

sawagikyou2-1.jpg

サワギキョウ。青紫の濃い花でした。



さて、そろそろ一周するななと思った頃、

ふと、足元を見ると・・・・。

miyama2.JPG

ミヤマクワガタみっけ。

この辺りでは、

クワガタムシ全般をオニムシという。

岡山と言えば、桃太郎。

桃太郎と言えば鬼。

だから、オニムシと言うかどうかは定かではないが(笑

たぶん、角が二本なのでオニムシなのだろう・・・。

ジッとして動かずに、ひたすら樹液を吸っている。



今回はこんな感じでありました。

最後に5月からの過去の記事にリンク先をしるしておきます。

パンフレット

5月

6月

7月−1

7月−2

8月








posted by ている at 23:34| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

8月の鯉ヶ窪湿原

最近、朝晩めっきり涼しくなってきた。

そんな感じがする鯉ヶ窪に行ってきた。

(ているのぼやきから来てくれている常連さんには

 もうおなじみの西の尾瀬「鯉ヶ窪湿原」の定期的な訪問記である。)

以前の鯉ヶ窪湿原訪問記はこちらです↓

ているのぼやき

さて、いつものように今咲いている花の紹介をしている看板を確認する。

DSC00069.JPG

今の時期は非常に多くの植物が見頃である。

6月〜9月はいろいろな植物が楽しませてくれる。

と言っても、私はあまり植物が得意な方でないので、

ボロが出ないようにこの辺で・・・。



ともかく、今回のターゲットを決める。

当然これでしょう。

日本固有の植物、サギソウ!!

それでは、まいりましょう。



いつものように池面を見ると鯉がエサをほしがっている。

実は盆休み(昨日ですが)中のため、

観光客がいっぱい来ていた。

鯉もちょうど、観光客がエサをあげているところに出くわしたので、

面白い光景が見れた。

これである。

DSC00070.JPG

写真ではすごさがわからなかった・・・。

実は、口を開けて前に前にとつめているので、

一番前の列は鯉の岩登り状態でした。

その勢いがすごかったんです。

鯉ヶ窪に来られて鯉にエサをあげた方はわかると思いますが・・・。

笑ってしまいます。

そりゃ、もう、かわいいを通り越して、気持ち悪いくらいのもんです。



さて、いよいよ周遊歩道を歩きます。

歩き始めて、50m程行ったところ観光客5人ほどの集団に出会う。

犬を2匹連れている。

挨拶をして通るが、どうにも休んでいる。

まだ、周遊道に入ったばかりなのに?

と思ったら、人間のペースでないみたい・・・。

どうやら、犬が早速疲れているみたい(笑

この調子で1周2.4q無事まわれるのだろうか?

ちょっと不安である。

その中の一人と話をした。

随分とこの涼しい散歩道を気に入ってくれているみたいだった。

木漏れ日が射しているが、薄暗いが入る前は30℃の気温、

この道は歩いていても汗をかかない。

そりゃ、”まいうー”なんて言ってる石塚とかパパイヤ鈴木とかは別かもしれないが・・・。

実に気持ちがいいのである。

そのうれしい一言を聞いて、ているも説明に熱が入ってしまう。

何たってこちとら毎月現われているジモティーである。

いつもと違い、観光客が多いのでうれしくなった一コマであった。



それにしても、驚きである。

昔は観光客なんてほとんどいなかった。

でも、今よりもっと植物も昆虫もたくさんいた。

悲しいことだ。

もっとたくさんの自然を、昔の自然をみて欲しいものだ。

仕方がない話だが・・・。

私も、そんなに昔の話はしらなかっりするが、

周りの人の話を聞くとどうもそうらしい。

前回、紹介したハッチョウトンボもそうである。

私が、昔みた食中植物モウセンゴケもそう感じる。

今はどれか?わからない・・・。


今回は本当にいっぱい花が咲いていた。

前々回、取上げたオグラセンノウもほれこの通り

DSC00078.JPG

前の時と違うところで咲いている。

しかも、今回のほうがあちこちで咲いていた。

そして、もう一つあちこちで咲いていてきれいに感じた花はこちら

DSC00079.JPG

ビッチュウフウロである。

歩道の近くで咲いているので、

目につく。思わず写真を撮ってしまう花である。

その他にもたくさん咲いていました。

でも、毎回思うのは・・・。

一眼レフの望遠レンズのカメラが欲しい・・・。

である。

カメラ小僧(小僧と言ってもおっさんが多いのは何故?)ならば

持っているだろうが、私が持っているのは7年前のサイバーショット・・・。

腕じゃないのよ・・・。

腕じゃないのよ・・・。

写真がいまいちなのは・・・。

と弁解しておく。

・・・・・・構図もイマイチだよね・・・・・。



さて、本日の本命サギソウである。

DSC00082.JPG

どうです。ちょっとぼけてますが、きれいでしょ。

たぶん、鯉ヶ窪の花の中で私はこれが一番きれいな花だと思う。

本当にかわいくてきれいな花ですよ。

色も真っ白で。

しかも、たくさん咲いていました。

どんなところに咲いているかというと、

ここです。

DSC00084.JPG

この橋の右側の太陽の当たる湿原に咲いています。

いい雰囲気のところでしょう。

私の姉が中学の時、

遠足か何かでここに来て、

この橋で(昔はもっとボロくて壊れかけていた)

2,3人の生徒が壊れそうだなとか言いながら・・・。

ドンドンと暴れたらしい・・・。

するとバキッ!!ドボン!!

楽しい遠足だったらしい・・・。

今は大丈夫ですよ。もちろん。


と書いてきましたが、

私のブログよりも、

リンク集のNaokoさんのLittle Clover141のHPを見ていただいた方が
わかりやすい。ちょうど今の時期ですので・・・。
(最後は他力本願だったりする)


鶏と鯉ヶ窪湿原をこよなく愛す”ているのぼやき”






posted by ている at 23:31| 岡山 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 鯉ヶ窪湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。