2007年11月30日

世の中は・・・。

すっかりクリスマスムードですね〜。

イルミネーションなんてものが、

毎年の事というか、

年々過激になっていると思うのは私だけではないことでしょう。

・・・・・・。

もっとも、そんなイルミネーションを自宅に飾るなんて事を、

これっぽちも考えないというか、

わざわざ、なんで寒い中、イルミネーションなんぞ、

見に行かにゃならんのだ!!

と思うくらいの私であるが・・・・。

日曜日、嫌がるだけではなく、

ちょいと風邪気味で悪寒が走っている私が、

無理矢理つれて来られたのがこの風景。

SA380072.jpg

どこか判ります?

↓実はここです。

国営備北丘陵公園

SA380073.jpg

こんなのや、

SA380075.jpg

こんなのまで。

まぁ〜、広島のど真ん中庄原市にある国営の公園なんだって。

なんたって、庄原市はホリエモンと戦ったあの静かな大物議員の

地元・・・・・。

ちがいますなぁ〜。

この公園にかつては勢いがある頃のモーニング娘。とか、

スマップとか。

コンサートを行なっている所でもあります。

もっとも、そんな時はものすごく道路が混んだと聞きました。

・・・・・・。

で、イルミネーションですが、

クリスマスまでやっているのですが、

イブの日なんて時は、

これまたやっぱり、庄原市内のこの公園の周りの道路は

とんでもない状況になるそうです。

・・・・・・・・・。

まぁ〜、盛り上がりたいカップルはどうぞ行ってみてください。

私はどうも、この人混みの多いところと、

テカテカの世界は苦手な物で・・・・。

tsuri-1.jpg

手前の火はなんと松の木にチェーンソーで十字に切れ目を入れて、

その中に炭を入れてランプ代わりに燃やしてました。

こんな事に感心を持ったりしたくらいで、

見事に風邪が悪化したり・・・・。

・・・・・・・・。

寒いよー。

・・・・・・・。





posted by ている at 23:05| 岡山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ているが行く。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

寒い日が続いておりますが・・・・・。

続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の住む町はこの間、朝−4℃を記録して、

本当に11月なのか??と思ったもんでした。

・・・・・・。

実は昨日、ブログを更新したと思いきや・・・・。

更新のためのボタンをクリックした途端・・・・。

すべてが真っ白。

頭も真っ白・・・。

晩飯も間に入れて3時間掛けた長文が見事に真っ白(涙

・・・・・・・。

むご過ぎでございます。

この間の23日の大安の一大イベント荷入の模様を記事にしたのですが・・・・・。

同じものはもう書けん(涙

実は、23日に向けて工事中だった新しい部屋も、

内部は無事に仕上がり無事に引越しが終了。

(写真はダメよ〜。はずかしい寝室ですから)

ところが、外部はいまだに仕上がっておらず、

荷入れは左官屋さんがタッカーをトントン。

板金屋さんが屋根をカチカチと大騒音の中での事でした(汗



二人で選んだ桜の家具は部屋に入れると小さく見えましたが、

お気に入りの丸みを帯びた女性的なデザインは、

やはり素敵な家具でした。

家具屋さんはお祝いのお酒とドレッサーとベットとチェストと洋服ダンスの4点を入れました。

ベット以外は国産さくら材の府中家具です。

自然の色そのものの家具で、

光の加減でほんのりピンク色に映ります。

そこがお気に入りなのですが、

キャサリン妹がその家具を見てキャサリンに開口一番。

”お姉ちゃん!!なんか安っぽくない??”

だったそうで・・・・・・・。

軽くショックを受けていました。

また、わが母も桜の家具を見て、

”なんか?さくらはこんなんじゃない”

とキャサリンに言い切ったそうで・・・・・。

ますます、ショック受けたキャサリンでありました。

実際に高級婚礼家具といえば、

色の濃い高級感のあるものを想像する人がいるとすれば、

きっとキャサリン妹のような反応するだろうし、

桜の木を知らない人が見れば、

私の母のようなコメントになるのだろう。

だが、そんなのは関係ない。

私もキャサリンもお気に入りだし。

桜の木が年数を重ねるごとに、

赤味を増して、

風合いのあるすばらしいたんすに変わっていくという事を考えると、

今からものすごく楽しみだし、

たんすと一緒に味のある夫婦になるに違いないと、

言ってみたりした(笑

まぁ〜、ハワイ出発までついにあと2週間。

エンジン掛かってきたかぁ〜?

・・・・・・・。
posted by ている at 23:39| 岡山 | Comment(5) | TrackBack(0) | 結婚物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ちょっと前。

テレビでケンミンなんとかという、

みのもんたが司会をやっている番組を見ていたら、

猫の話をしていた。

ある島ではどの家も玄関引戸が右から左に引く様にしているとかいう話。

それが、本来は逆だという話。

猫の話よりも私はそれに疑問を持ったのだが・・・・。

玄関の引き違い戸。

どのメーカーも基本が右勝手(外から見ると前にある戸が右だと右勝手左側だと左勝手となる)であるので、

特にどちらが正解と言うこともないだろうと思われる。

と言うか、右側から左に引く家の方が逆に多いような気がするのだが・・・・・。

ちなみに私が設計するときは、

右が断然多いな。

それの方が玄関のレイアウトがしやすいから・・・・。





で私の見解はこの辺にして猫の話に・・・・。

で、その島では野良猫が多くてと言うか、

猫は大漁を招くと言うことで、

島をあげて大切にしているとのこと。

お陰で島には犬がいないとか・・・・。

それもすごい話だが、

猫に漁でとった生魚をそのまま投げて与えていたのにも、

軽くショックを覚えた・・・・。

わが家のゴエモンは火を通した魚しか食べないお嬢様でもあるから・・・・。

生魚は与えても食べないですもん。

もっともスズメは生でいきますがね・・・・・。


で、その島では今まで左から右に玄関戸を開けていたらしい。

そうすると、野良猫が勝手に玄関を開けて、

家の中を荒らしてしまって困っていたらしい。

そこで、誰が考えたか、

左側を閉めて右側を開けるようにしたらしい。

そうするとビックリ。

猫が開けなくなったという話。

で、その話が島全体に伝わり、

その島では玄関が何処でも右から左に開くようになったとか・・・・。



で、わが家のゴエモンである。

zabutonnneko.jpg

コタツの季節になって、

何故か?夜はコタツの中でなくて、

コタツの前の座布団に座ってご就寝。

・・・・・・・・・。

確かに!!

わが家のゴエモンもそういわれれば、

左から右の扉しか開けていない。

なるほど!!

たいしたもんだ。

これはいい!!

そう思って右を開くようにいろいろ考えてしてみたりした・・・・。

・・・・・・・・。

なんのことはない。

内側から左を開けて、

家に戻るときは自分が開けた外から見たら開けれないはずの、

右側のドアが当然開いてて入れたりする。

・・・・・・・・。

飼い猫ニャー通じない話じゃねーか・・・・・。

・・・・・。

posted by ている at 01:02| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴエモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

で、実は。

誕生日にキャサリン家に持っていったのは

花束だけではないのである。

tannjyoubi1.jpg

ケーキに、石川の天狗舞の純米酒、ハーゲンダッツアイスにヤスダの飲むヨーグルト。

それと、ている特製食パンにている母特製パンダ豆の煮豆。

ケーキが美味しかったんだわ。

広島県東城町の雄橋というお菓子で有名な延城堂のケーキ。

甘くなくて美味かった。

たぶん、私が今まで食べた中で一番私に合ったケーキだと思う。

・・・・・・。



で、キャサリン家ではたこ焼きパーティー!!

なんだか、しょっちゅうたこ焼きを食べる家らしい。

・・・・・・・・。

驚いたのが、たこ焼きをまわすのにその道具は・・・・。

割り箸。

・・・・・・。

千枚通しじゃないんだ〜と思ってやってみると・・・。

できるんだね〜。

すごいね〜。




それにしても、

キャサリン家に呼ばれると、

食い過ぎてしまう。

・・・・・・・。

でも、それ以上に食べているであろうキャサリン家の人々っていったい・・・・・。

人を大きくするのは食べ物だな。

そう感じた晩秋の一日。
posted by ている at 23:17| 岡山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 結婚物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

実は昨日は・・・。

キャサリンの誕生日。

永遠の26歳のキャサリンであるが、

誕生日が存在したらしい・・・・。

・・・・・・。

で私は3ヶ月ほど前からプレゼントに何がいいのか??

判りかねていたのである。

で、考えて考えていろいろと何がいいのか?小細工をしながら、

聞き出そうとしていたのだが・・・・。

やっぱりまったく判らない。

そこで、1ヶ月ほど前から四の五の考えずにストレートに、

何が欲しい??と聞く作戦にしたのであるが・・・・。

”そんなもの言うわけないでしょ、自分で考えて”

と言われ続けて3日前。

わしゃ〜もう諦めた!!

アホくさっ、プレゼントなしじゃ!!

と逆ギレした・・・・。

で、聞き出した結果が・・・・・これ↓

tannjyoubi2.jpg

・・・・・・・。

歳の数だけバラの花・・・・・。

・・・・・・・・。

しかも、黄色以外の色にしてと言われてしまった・・・・。

↑花言葉のお陰ね。

・・・・・・・。

これが毎年続くのか??

やっぱり、(歳をとらないで)永遠の26歳でお願いします。

・・・・・・・・。

バラ、高っけー!!

posted by ている at 19:02| 岡山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 結婚物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

ある日。

親父が動き出した。

・・・・・。

実はわが家がすごい状態になっている。

ieni1.jpg

・・・・・。

ieni2.jpg

一枚目がわが家の前の道路からの写真。

二枚目がわが家の裏庭、鶏小屋の前からの写真。

何を思ったか?

突然、部屋を造らにゃいかん!!

と奮起したのである。

言わずと知れた親父は大工でもある。

・・・・・・・。

部屋に入る私らの意見も聞かずただ突き進む親父。

もちろん、社長である親父にわが社の匠達は振り回される・・・・。

・・・・・・・・。

しかも、丁度近所の民家を解体して古材が転がっている・・・・。

小屋組の屋根勾配を変えるため原寸を起して墨付けを始め、

従業員に加工をさせ、

大安吉日に古材の柱を起して、

社員全員を巻き込んで屋根を葺き

ここまでできたところ・・・・。

・・・・・・・。

ieni4.jpg

下は会社の大工小屋。

奥は会社の事務所と母屋の風呂とキッチンになる。

つまり、母屋の風呂と会社の工場の上に部屋が突然出来上がる・・・・。

・・・・・。

3枚目の写真の手前の通し柱と仮柱は後に切断・・・・。

鉄骨で梁をこしらえてその上に乗せます。

・・・・・・・。

わたしゃ〜、お金を出さないので何も言う立場ではないのだが・・・・。

・・・・・・。

いやっ、もう何も言いません。

・・・・・・・。

ちなみに私の部屋の前の廊下からこの部屋に入る事になるのだが・・・。

ieni5.jpg

こんな部屋です・・・・・。

12畳はあります。

・・・・・・・。

驚くことではございません。

わが家は、こうして増築改築して参りました。

今始まったわけではございません。

匠の技としか言いようがございません。

木造在来工法だからできる大工の技です。

決して、ハウスメーカーの家でこのようなことはしないでください。

そして、実は古材(この古材も築60年ぐらい前の民家のもの)を再利用して家を建てると言ったことは、

昔は当たり前に行なわれていた事です。

また、何度も言いましたが、

家は住む人と時代と共に変化します。

変化に対応できるのが本来の家で対応できるモノを作れるのが大工です。

子供ができれば部屋が増え、時代が変れば水回りが変る。

臨機応変に増築改築出来る家。

それが、安心できる家だと確信します。

驚くことではございません。

それにしても・・・・・・。

・・・・・・。

当たり前にわが家を知っている人でさえも驚いている・・・・・。

・・・・・・・・。

そして、今日も走り始めた親父の暴走は止まらない誰も止められない・・・・。

・・・・・・。




posted by ている at 00:02| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

風邪をひいてしまって・・・・。

バタンキュー状態と言いながら、

ブログを書いていたりするわけで(笑

・・・・・。

背中が寒い・・・。

なんだか、夜中にトイレにおきて用をたしていたら、

突然ドアがバタンって閉まった時のような状態である。

なんのことはないオカンが走るという状態だ。

大阪の人が聞くとお母さんが走っているの?と勘違いされるが、

そうではないと言っておく。

・・・・・・・。

ただそれが言いたかっただけだが何か?

・・・・。




でそんなこんな私の状態を知らない鶏達は密かに、

ベビーラッシュ!!

その中に期待の星がいるんです。

hiyokorassu.jpg

私の記憶が確かなら、

このウリ坊が実は烏骨鶏と名古屋コーチンのハーフのベッキーと烏骨鶏の更に子供のウーと烏骨鶏の間のひよことなるのである。

つまり名古屋コーチンの血が1/8入った烏骨鶏に近いひよことなるのです。

名古屋コーチンの茶色の羽根を持った1/2のベッキー。

限りなく黒に近い茶色の羽根を持った1/4のウー。

さてさて、1/8はどんな鶏になるのだろう。

乞うご期待。
posted by ている at 23:34| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | おおたくん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

今日は・・・。

ここに寄りました。

taisyaku.jpg

国定公園帝釈峡。

紅葉真っ盛り。

観光客がいっぱいでした。

今日は大安。

12月までの6ヶ月の間で両家が空いている唯一の日曜日の大安でした。

と言うことで、遅くなりましたが

正式に婚約という事になりました。

そう、結納の日です。

本来ならば6ヶ月前に行なうのが正式なんでしょうけれど・・・・。

まぁ〜、じっくり両家の予定を照らし合わせて

入籍一ヶ月前の今日になったわけです。

そう、あと1ヶ月の間に、

引越があり入籍があり、

そしてハワイで2人だけの挙式をいたします。

お互いにこの歳で初婚とい言うことで、

決して披露するほどのモノではなかろうと思うことや、

派手なことは好まない私の気持ちと、

今の田舎暮らしにあった出来るだけ、

こぢんまりしたものをと思い2人だけの挙式です。

実は私としては結納だけで終らせたいと思うところでしたが、

ウェディングドレスだけは着させておかないと(汗

入籍したあと一生言われそうだし(爆

それ以上に、キャサリンの親に申し訳ないので、

ハワイ挙式をなにより最初に決めたことでした。

ハワイには2人だけですがね。

ともかく20代ならばまだしも、

40手前の花婿花嫁姿なんざ、

見せ物にもならないと言うことは本人達が一番判っている事であろう?

しかもそれほど見せれるほどの容姿でもないし(笑

と言う理由である。

結婚するなら勢いのある20代だねやっぱり。

年取ると余計な事考えちまう。

結婚は時として本人達がこうしたいと思っていても、

その通り行かない。

歳を取っているからと言うことよりも、

若い二人が決めたことだからというセリフは、

本当に若い20代ならば許されることがたくさんあると思う。

もっともそれ以上に私はまだ知らないが、

結婚生活が早い方がいいことがあるに違いない。

私が言うのもなんだが、

結婚は20代でしなさい(爆

20代結婚のススメである(笑

・・・・・・・。




で、帝釈峡には庄原のかんぽの宿に行く途中で時間合わせのために寄ったのでした。

この道を通ることはあっても降りて見たのは30年ぶりくらいだな。

・・・・・・・。


posted by ている at 23:55| 岡山 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 結婚物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

わが家の・・・。

電化製品がまた壊れた。

また壊したのですかぁ〜?

と言われると心外なので念を押しておきますが(笑

今度は松下製の昭和58年製のオーブンレンジである。

壊れて当然の代物でしょ?

と言うか、よくぞここまで持ってくれたという感じでしょ?

一応買ったところの地元のナショナルのお店に来てもらって直るか?

調べてもらったら・・・・。

ヒューズが飛んでいた。

で、ヒューズを交換してもらって、

電源を入れたところ・・・・。

ブレカーが落ちて停電してしまった(笑

・・・・・。

結局、新しいの買ってください!!

と言うことに・・・・。

で、一昨日新しいレンジがやって来た。

それがこれ↓(ているの影が写ってます(笑))

rennji.jpg

メーカーのHPはこちら↓

http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=NE-W300

なんでもかんでも自動でやってくれ、スチームで料理してくれてヘルシー。

のハズ・・・・。

あとはわが家に使いこなせる人間がいるかどうかだ・・・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・。

ている母昨日の朝牛乳をスチームで温めてました・・・・。




posted by ている at 18:07| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ているのぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

昨日のこと。

ているママが電話取った言う話をしていた。

どんな電話だったかというと、

Fベットの羽毛布団をご使用の方に電話させていただいております。

と言う電話だったらしい。

なんでも、サービスで巡回クリーニングをしているからという話だった。

確かに20年ほど前、

羽毛布団当時30万位だったらしい物を、

閉店した新見のSタンス店で買っていたらしい。

で、ているママ”そんなこと言ってお金がかかるんでしょう??”

と確認をして無料と言われてとりあえず来てもいいと確認して今日・・・。

なにわナンバーの業者がやって来た。

最初、ているママが一人で接客していた。

そこに私が帰宅。

何やら話をしているところを聞くと怪しい匂いがプンプンである。

昨日の電話の話を聞いていたので、

これは間違いないと思った。

で、私が口を開くと怪訝そうな顔で息子さん?

とクエッション。

ハイ!!と言うとあきらかに顔が曇る・・・・。

で、私もとりあえず話を聞く。

ええ、こんな面白いもん仕事どころじゃございません(笑

で、母親が持ってきた20年前新品だったであろう天然羽毛の布団を手にとって、

あー、カビが生えてますね〜。こんな所縫ってあるじゃないですかぁ〜。

とやり始めた。

実は私、この間キャサリンと家具を見に行ったときに、

そのFベットの営業マンとやらに羽毛布団の話を事細かく聞いていたのと、

キャサリン家の羽毛布団もM社だかN社だか知らないが、

やっぱり、毎年サービスマンがきてクリーニングしてくれてると聞いていた。

そんなもんで丁度予備知識が出来ていたので、

だいたいの話が手に取るようにわかった。

確かに、羽毛布団今買えば60万というのも判るし、

羽毛布団にシーツをかけるのもNG。

毛布も下でなくて羽毛布団の上に掛けると言う話もOK。

(私が思いっきり話しやすいように持ち上げてあげたから・・・)

しか〜し、いままで20年間放っておいて、

のこのこやってきて、

仕立て直すと羽毛がグラム4〜5万だとか、

いい生地使うと生地だけで10万とか、言われても・・・・。

ついに私はキレた。

マシンガントークのはじまりである。

あんたの言うことは判った。

だったら、なんで今頃やって来ておかしいやろ。

とりあえず名刺をよこしなさい。

名刺ださんかったらこの場でおさらばです。

だいたい、うちの親にあと60年生きさせる気ですか?

このまま60年生きたら130歳やないですか??

15万あったら、普通に綿の布団買えばいいんとちゃうん?

・・・・・・・。

と続ける。

しかし、さすがに大阪商人負けまへん。

名刺は出せません。

理由は販売店を飛び越して我々が直接商売したら違反になりますから、

最近の綿は化繊ですから体に悪い。

1年でカビ生える。

羽毛は天然のものだから高い。

養殖の羽毛もあるがここにあるフトンは高い羽毛ですから。

買ったときに説明受けてないんですかぁ〜?

・・・・・・・。

なかなか負けてない。

確かに良いものはいいし高いのもわかる。

田舎のタンス屋なので売ってしまえばと言うのも仕方がない。

しかし、生活水準に合った物であればそれでいいだろ。

だいたい、私とキャサリンが選んだ羽毛布団はとてもそんな物あり得ないから、

羽毛布団に枕にシーツに毛布にベットカバーまでつけて、

ちゃんとしたフトン専門店で買って5万円で済ましたぞ!!

・・・・・・・。

ともかく名刺を出さないのだったら、

すぐ出て行ってくれ!!

と言ったら、渋々名刺を差し出した・・・・。

で、埒があかないので、

もったいないという顔をしているているママを見ないようにして、

検討するから、

直すときには電話しますからとやんわり断り帰ってもらった。

・・・・・・。

それにしても、

いったいなんで今頃になって??

わざわざわが家にやって来るんだ〜?

・・・・・・・。

おかしな業界だなフトン業界って・・・・・。

posted by ている at 19:20| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ているのぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ただ今増量中。

過去最大の数値をたたき出しています。

って何が??

・・・・・・・。

3日ほど前に体重計にのったら・・・・。

ひえっ!!。

・・・・・・。

最近、なんだか疲れると思ったんだ(笑

・・・・・・・・。




昨日、そのせいかどうか(笑

電気のブレーカーが落ちたと思って、

ブレーカーを上げようとして、

普通にすると届かない(身長が低いからね〜)

もので木などの上に乗っかって上げようとしたところ・・・。

見事に転倒・・・・。

見事顔から・・・・。

右上頭から左下首にかけて、

ゴエモンに引っ掻かれたようなキズが・・・・。

唇は腫れ見事。

小さいときから小さくて、

チョコチョコとそこそこ動きの速かった?私のハズが・・・・。

気分は若くても体はやっぱり38歳・・・。

・・・・・・。

鈍くささを実感したのでした・・・・。

・・・・・・・・。

すっごい唇と笑われました。

・・・・・。

実はへんな落ち方で両足が痛かったり(笑

・・・・。

年には勝てぬ。
posted by ている at 19:02| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ているのぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

今日は。

お隣の町広島県庄原市東城町のこれ↓に行ってきました。

http://www3.ocn.ne.jp/~oto-ri/framepage6.htm

武者行列。

隣町なのにはじめていきました(汗

・・・・・。

近くて遠いんだよね。

地元の祭にもあまり顔を出さない人間なもので・・・・。

実は写真を撮ったのですが、

キャサリンにカメラを没収されてしまい・・・・。

写真は載せれないんです(涙

でも、まぁ〜思ったよりきれいでしたね。

いいものを見させていただきましたが、

残念なのは素人カメラマンのマナーの悪さ。

被写体の女の子たちに近づいてカシャカシャやっているが・・・。

そこは立入禁止だろ!!

といった感じ。

何せ、一人二人ではないんだもの。

私はその女の子を撮るカメラを持った人達の自分の事しか考えていない人々が面白くて、

思わずそちらの撮影をしていました(笑

人間てすごいよね〜。

醜いね〜。

って感じです。

パパラッチ状態ですもん。

下手でもいいからマナーを守る素人カメラマンでありたいと思った一日だったね。

後日カメラが戻ってきたら、

写真は公開しま〜す。

posted by ている at 00:00| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ているが行く。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

最近また。

食物の偽装表示が話題になっているが、

あまりに過剰過ぎる気がしてならない。

もっとも、偽装を肯定する訳ではないが、

赤福や御福餅などの材料を冷凍してと言ったことは、

たいがいのアンコや餅を使用する和菓子やなんぞは過去にやっていたに違いない。

と推測する。

あくまで推測だが、そんなこと売れ残りが日によって違うので、

そんな物を全て処分して、

毎日新しく作るなんてあり得ないだろう??

あと、おかしく感じるのは、

関西の串カツと言う文化や、

デミグラスソースとか、

お店代々伝わる門外不出の秘伝のつゆとか言った物、

毎日毎日、付け足していって今の味になりましたって・・・・。

そんなこと言われるとなんだか、有難がって食べてしまう割に、

一日ぐらいの賞味期限の偽装であまりにも騒ぎすぎてないのか??

もちろん、偽装する方も嘘を言って騙すのはよくないけれど・・・。

一日ぐらいなら誤魔化さずに、

一日ぐらいならば死なないから言いけれどぐらいでいいんじゃないか??

正直な話、これらはお菓子メーカーが変ったのでなくて、

世の中の価値観が変ってしまい、

それに対応できなかっただけだと思うんだよね。

今まで良かったからこのままでよいと・・・。

私は思うね。

製造者に責任をもたすでなくて、

消費者ももっと責任を持って食べればいい世の中だと。

わが家など冷蔵庫を見ると、

賞味期限内の食品の方が少ないぞ!!

・・・・・・・・。

でも元気!!

・・・・・・。

なんだか自分の事を棚に上げて、

人を陥れることにばかり言っているマスコミに不快感を覚える毎日。

人のアラばかりを探して、

そこを悪いと取り上げる世の中なんぞ、

ちっとも面白くないばかりか、

住みにくい世の中になるばかり。

そう思い憂う今日この頃。

きっと、頭の良すぎる役人が次に取る手法は、

法律で厳しく取り締まる世の中。

法律ばかりで取り締まられる世の中は本当に住みにくいと思いませんか?

もっと、のんびり生きましょうよ。
posted by ている at 22:19| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ているのぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

日曜に・・・。

岡山の姉貴のところに泊めてもらった。

翌日に姉貴の旦那つまり義兄とゴルフに行く事になっていたためだ。

たまに姉貴のところに行くとなったら、

わが家では親父とおふくろが米や野菜などをたくさん用意する。

で、最近の旬はこれ

nichiyouni100.jpg

ヒラタケとしいたけ。

親父が冬になるとホダ木を山から切ってきて、

菌を植えるのである。

わが家では山に茸を取りに行かないで、

栽培したものを食すばかりである。

このほかにも、なめこ等も今が旬である。

とにかく取れる。

なめ茸やしいたけはうまいと思う。

しかし、私はこのヒラタケがそれほどうまいと思っていない。

というか、料理に困る食材だなぁ〜と思う。

姉貴ももらっておきながら(笑

こんなにどうして食べる??

とまず言ってきた。

そりゃ〜、子供が好んで食べる食材ではないよなぁ〜。

まっ、そんな時は私は、

バター醤油で炒めることを薦めている。

つきだしにもいけるし、

前菜としてもいけるし、

結構いける。

我ながら食材をいかした料理だと思っている(笑

そんなことはともかく、

最近、このヒラタケを親父が毎日ソウキいっぱい持って帰るので、

毎日わが家の食卓はヒラタケづくし・・・・・。

便通がよくなったと喜んでいるわが家である。

・・・・・・。

便秘には茸づくしを。

実証済みである。

posted by ている at 23:43| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 明るい農村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴエモンの。

首輪の鈴が取れたので新しい首輪を買ってあげた。

で、今まで首輪をつけていなかった栗畑の猫”みぃ〜”にも

お揃いの首輪を買ってあげた。

ゴエモンは緑。

みぃ〜は赤。

で、その”みぃ〜”変なんです。

猫専用のキャットフードをちゃんとあげているにもかかわらず、

nekonomi-100.jpg

鶏の配合飼料を食べるんです。

・・・・・。

鶏も猫が食うもんで、

近づけなかったり・・・・・。

・・・・・・。

確かに配合飼料には魚粉が入っているのだが・・・・・。

・・・・・。

へんな猫。

・・・・。
posted by ている at 00:20| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゴエモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。